フィリピンでの両替・通貨




フィリピンでの両替・通貨

・フィリピンでの両替

 当然為替変動で変わるが1万円は約5,000ペソと考えれば分かりやすい。
        現在の為替レートは→ 【外国為替換算 Yahooファイナンス】

 フィリピン現地で日本円をフィリピン・ペソにするには「銀行」「空港」「街の両替商」「ホテル」等で両替が出来る。 街の両替商が一番レートが良く、その他は100〜400ペソ少なくなるので緊急時以外は街の両替商でフィリピン・ペソに両替しましょう。
 レートは良いがリスクもある。フィリピンの両替商では金額を誤魔化す事もあるので優良両替商を見極める必要がある。 最低でも両替商の店頭に1万円で両替できるフィリピン・ペソ、100アメリカドルで両替できるフィリピン・ペソの表示がある所で両替しましょう。 フィリピン・ペソに両替するために出した1万円札を少なく数えたり、両替したフィリピン・ペソを少なく渡されたりする事もあるので フィリピン・ペソへの両替は必要分だけにする事もリスク軽減となる。

 基本は差し出した1万円札を自分でその場で数えて声に出して渡そう(例えば5万円ならファイブと言って渡す)。 両替商は日本円が偽札かどうか確認するので目を離さ無いこと、両替商がファイブと言うのを確認しましょう。もしフォーと言ったら直ぐに間違っている事を強い口調で言いましょう。
 フィリピン・ペソに両替されて受け取ったらその場で数えましょう。特に100ペソ等の細かい紙幣で両替する所は誤魔化す可能性が高いです。

【悪徳両替商の実例】
 5万円を差し出して偽札確認時に1枚横に置いて4万円と言われた。直ぐに横によけただろうと言って事なきを得た(アンへレスのロイヤルアムステルダム前の床屋の両替)
 レートが良いと呼び込みに誘われて両替したが渡されたフィリピン・ペソが少なかった(エルミタ)。近々の両替レートは把握しておく事が大事、それ以上のレートで両替が出来るわけはないし優良店は呼び込み等使わない。

・フィリピンの通貨

 フィリピンの通貨は「フィリピン・ペソ」でPHPと表記する。紙幣は1,000,500,200,100,50,20ペソ。 硬貨は10,5,1ペソで1ペソの1/100に「センタポ」と言う単位があり25センタポは買い物をすると稀に見かける。

 フィリピン・ペソの紙幣は2011年から新紙幣が発行されたが2012年12月現在では旧紙幣の方が多く流通している。 フィリピン政府は2014年から旧紙幣が使用できないと発表したが残り1年で新紙幣の流通が大半を占めるとは思えない。
 あくまでも想像の範囲だが2014年になってもフィリピン・ペソの旧紙幣は流通しているだろう。 頻繁にフィリピンに行く場合は良いが、年に数回しかフィリピンに行かない場合はフィリピンから出国前に日本円に両替しておくと良いだろう。

 ※左が旧紙幣、右が新紙幣。クリックすと大きくなります。
フィリピン・ペソ旧紙幣 フィリピン・ペソ新紙幣