フィリピンの物価水準




フィリピンの物価水準

 フィリピンで買うタバコ(マルボロライト)で30ペソ(約60円)。 ジプニーと言う小型バスの様なフィリピン人の足となっている乗り物は8ペソ(約16円)。 長距離高速バスで2時間100km程度で100ペソ前後(約200円)。 フィリピン人経営の工場内作業で月給が約8,000〜10,000ペソ(約20,000円)。
 フィリピンのショッピングモール等で売っている新しい電化製品や携帯電話等は日本よりも高い場合もあり、 一概には決められないが日本の物価と比較すると1/5〜1/10である。
※10,000円=5,000ペソで計算

 日本の物価と比較してフィリピンの物価はこうだ!とは言い難いのだが、フィリピンの一般市民の生活模様から判断して フィリピンペソを10倍にした数字を日本円で考えるとフィリピン人が幾らの水準で考えているのか大体当てはまるので参考にすれば良いだろう。

 例:月給が10,000ペソとすると「10,000×10」として「100,000」。つまり日本で100,000円の月給を貰う感覚。