フィリピンの治安




フィリピンの治安

 日本に比べるとフィリピンの治安は悪い。日本の治安が良すぎるだけで 発展途上国ならどこでもフィリピン同様治安は悪いわけなのでフィリピンでの行動には注意が必要です。
 まずフィリピンで一番気をつけなければならないのがホールドアップ。フィリピンでは登録制で銃の所持が認められているので 日本よりも闇ルートで手に入れやすい。つまりフィリピンにおけるホールドアップの多くは拳銃を付き付けられるって事になる。対応策としては 夜に歩かない、昼間でも人通りの少ない道は避ける。万が一ホールドアップに遭遇したら抵抗せずに金品全て差し出しましょう。 フィリピン人のホールドアッパーは薬物中毒者も多いので抵抗したら撃たれると思っておきましょう。
 上記を踏まえてフィリピンでの行動範囲を決めておくのも良いでしょうし、 お金はホテルのセーフティーボックス、スーツケース、ポケット等に分散しおく事がリスク軽減になります。

 お金の分散はホールドアップ対策以外にも有効です。フィリピンのホテルでは部屋の セーフティーボックスやフロンに設置してあるセーフティーボックスからお金を抜かれる事が稀にあります。 フィリピンの電車やジプニー(乗り合い小型バス)ではスリが多く治安が悪いので万が一取られた時に最小限にしておく対策が必要です。

 タクシーも前記の様に拳銃が出回っているので護身用に所持している場合が多いです。揉めた時でも冷静な話し合いで解決するように心がけましょう。 喧嘩になったら拳銃付き付けられる場合もあるので料金等で揉めた時、最終的に納得のいかない金額を払って解決する事もケースバイケースで判断しましょう。
 フィリピンでタクシーに乗る時は出来るだけ白いタクシーは避けます(白は個人、色付きは会社が多い)。行き先を告げてメーターを使うか確認してから乗りましょう。 メーターを使わない場合もあり、フィリピン人運転手と交渉になる時もありますが 覚えておくと良いのはフィリピンのタクシーに乗って目的地までの通常料金。これが分かっていると交渉もし易くなります。