フィリピンの電圧




フィリピンの電圧

 日本の電圧は100Vですがフィリピンの電圧は220Vです、つまり日本の電圧専用の電子機器をフィリピンで使うと故障や火災の原因となります。 ただし、最近ではノートパソコン、携帯電話の充電器(コード)、デジタルカメラの充電器(コード)等は100V〜240V対応となっていますので フィリピンに持って行く電子機器が240Vまで対応しているか確認が必要。
 一般的にフィリピンに上記の電子機器以外は持って行かないと思いますが、 フィリピンのホテルの備品によってはヘアードライヤーやケトル(湯沸しポット)が必要な場合は240V対応を買って行こう。 大型家電販売店でも品揃えは少ないのでインターネットで購入してフィリピンに持って行こう。
 頻繁にフィリピンに行く場合はフィリピンに行ってからフィリピンの電圧に対応している物を買うのも選択肢の一つ。 ヘアードライヤーならフィリピンのホテルに常備はなくても貸し出ししてくれる場合もあるので要確認。

 どうしてもフィリピンの電圧に対応していない電子機器を使いたい時は変電器を購入する手もあるが 電圧ではなく必要電力によって価格も変わり高価であり重量もあるのでお勧めはしない。

 ちなみにコンセントプラグ(差込口、コンセント形状)は日本のそのままでフィリピンで使えるのでプラグアダプターは必要ない。